初回無料相談のご予約 ご成婚者様の声 めぐこんブログ 会社の福利厚生に セミナー&パーティー
 
登録会員数No.1

当社は、登録会員数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。
(※2019年1月 日本マーケティング機構調べ)

新着情報

2021.12.01

第15話 「プレ交際から真剣交際へ発展」

 
  ひばらさん結婚相談所に行く


どうもこんにちは、ひばらです。

先日、私の好きなラジオ番組のパーソナリティーでお笑い芸人のアルコ&ピースの酒井さんが、静岡県でやっている番組※のアシスタントでアナウンサーの矢端さんとご結婚されました〜。

実は私、その番組を3年前のスタート当初から聞いていたヘビーリスナーなのですが、最初の頃から二人の軽妙なかけあいとトークがとても心地よく、「この二人、とっても相性がいいなぁ」と思いながら聞いていたので、二人が結婚するという報告を聞いた時は、「え、本当に!?」と驚きとともに、心から喜んでしまいました。^^

きっかけとなった番組の中で、お互いの親に結婚の挨拶に行った話をおもしろおかしく、本当に“あけっぴろげ”に話すので、聞いてるこっちがドキドキしてしまいましたが・・^^; 生放送中に婚約を報告したり、婚姻届の証人を元スタッフさんに書いてもらう場面もあり、放送を聞きながら感動してしまいました。

ただの番組リスナーでしかありませんが、親しい身内同士が結婚したような、不思議な感覚になり、聞いていてとっても幸せな気持ちになりましたよ〜^^ 

※参照 SBSラジオ「まだ帰りたくない大人たちへ〜チョコレートナナナイト」

「プレ交際」時こそ、気を抜かないことが大切!


友達以上恋人未満の段階である「プレ交際」時には、限られた時間の中で関係を深めるため、意識して連絡を取り合い、デートを重ねる必要があります。この時期は、相手との結婚生活がイメージできるか見極める大切な時期だからです。

なので、「プレ交際」の時期は、毎日メールや電話でのやり取りに加え、週1回の頻度でデートをするのが目安だそうです。

【プレ交際時期のデートのステップとチェックポイント】  
○1〜2回目 短時間(2〜3時間)の食事デートをする。→ お互いのことを知る機会になったか 
○3回目 半日デート(5〜6時間)をする。→ 楽しく過ごせたか、あっという間に時間が過ぎたか   
○4回目 1日デート(7〜8時間)をする。→ 一緒に過ごして居心地が良かったか


デートの回数を重ねるごとに一緒に過ごす時間を少しずつ長くしていきます。

また日常でも特に男女どちらからといわず、この時期は主体的に自分から積極的にメールやLINEをし、実際に二人で過ごすデートを有意義な時間にするよう心がけることが大切だそうです。

う〜ん、まさに “恋愛”してますね。^^

「楽しい時期」となる方も多いかもしれませんが、一方では、プレ交際になった途端、活動が一生懸命できなくなってしまう方もいらっしゃるそうです。

お見合いまでは張り切っていたものの、いざプレ交際になると、「仕事で忙しい」「趣味で忙しい」「自分から積極的になるのは恥ずかしい」など消極的になってしまったり、また、デートの約束だけで満足していまい、連絡を取るのはデート前後の必要最小限のメールのみとなってしまったりということもあるそうです。

そうなってしまうと、月1回のデートがやっとなので、そのままなんとなくプレ交際を続け、気づけばお互いの関係性にこれといった進展はないまま、交際期間3ヶ月※を迎え、交際終了ということになってしまいます。 

※お見合い後の交際期間は、お見合いの日から3ヶ月(最大6ヶ月)が基本ルールだそうです。

プレ交際でのお付き合いの中では、「私、他の人と複数交際しています」とはお互い言わないのがルール&マナー。だから、相手が他の人と交際を順調に進めていて、突然交際終了の申し出が・・。まさに「寝耳に水」なんてことも実際にあるそうです。

「とりあえず彼氏(彼女)はできた」と安心して、気が緩んでしまうのかもしれませんが、「プレ交際」時はあくまでお互いが複数交際OKの状態。自分が相手を選ぶ前に、相手に選ばれなければならないことを忘れてはいけません。 

恵婚さんでは、会員さんに対して「プレ交際中にそんな失敗はしてほしくない!」ということで、デート報告は、その都度、できるだけその日のうちにシステムに入力してもらうそうです。

「どんな場所に行った」「どんな会話をした」「(相手のことを)どう思った」「次はどうしたいか」などを記憶ができるだけ新鮮なうちに、共有することで、会員さんにとっては日記代わりになり、恵婚さん側にとっても交際状況が把握できるので、会員さんとの月1回の面談でのアドバイスがスムーズになるのだそう。

一般的には、こんな時「恋愛マスター」的な友達がいて、一緒にお茶しながら恋愛相談みたいなことをするのかもしれませんが、結婚相談所に入会すると、それを全部、恵婚のカウンセラーさんがお相手になってくれるのですね!

恋愛の話題について話せる友達がいない方や、恋愛の話題について話したくない方、恥ずかしいと思ってしまう方は、こういう結婚相談所の婚活サポートがすごく役立つのではないかなと思います。 



デートを重ねて「告白」から「真剣交際」へ  


告白当日のイラスト

プレ交際を続け、「この人となら生活を共にしたい」と思えたら、次の段階「真剣交際」が見えてきたということになります。

「真剣交際」とはプレ交際の期間とは違い、一人だけの相手と向き合う交際なので、ほかの方とのお見合いや交際はできなくなります。

真剣交際に進みたいと思ったら、まずはカウンセラーを通じてお互いの気持ちのすり合わせをし、双方共に、真剣交際へ進みたいという気持ちを確認できたら、いよいよ「告白」をするそうです。 

「告白」は、基本は男性からするそうです。女性からしてはいけないということではありませんが、基本、男性からということになっているそうです。^^

ただ、あくまで、お互いの気持ちはカウンセラーを通してすでに確認済みなので、男性が告白をして女性がお断り・・・など告白が失敗することはありません。しかも、告白がいつのデートで行われるかということは、女性側もカウンセラーも分かっている状態で、だそうです。

ですが、そこまで分かっていても、真剣交際の告白がある日は、恵婚カウンセラーのめぐみさんもやはり緊張するんだそう。
^^;

万が一(!?)ってことがあるかもしれませんし、(段取りが上手くいくかな・・?)など、毎回、ドキドキソワソワしながら会員さんからの報告を待つのだそうですよ。

「真剣交際の告白がありました。お受けしました。嬉しかったです!」などの連絡が入ると、「よかった〜!(涙)」と嬉しく、ホッとするんだとか。^^ 

「真剣交際」から「プロポーズ〜成婚」へ 

晴れて真剣交際へと進むことになったら、ご成婚に向けて、「住まい」「働き方」「家事分担」「お金の管理」など、将来に対するすり合わせを行っていきます。 

結婚したらどんな生活を送りたいかは人それぞれです。 婚約後に「やっぱりこの人とは合わない」ということにならないように、お互いの考えを話し合います。

方向性がある程度固まったら、親御様への挨拶、婚約、結婚の準備など具体的なことを進めていきます。

また同時に、女性の会員さんには、理想のプロポーズのイメージも考えてもらうそうです。

「どこで?」「どんな風に?」「どんなシチュエーションで?」「婚約指輪の有無は?」「花束は?」など希望があれば、恵婚のカウンセラーさんに事前に話をしておくのだそうです。

「告白」と同じで、「プロポーズ」も行われることが事前に分かっている事柄でも、恵婚さんでは「一生に一度のプロポーズは妥協したくない!」という想いで、できるだけ詳しく理想のプロポーズをヒアリングし、相手の結婚相談所のカウンセラーさんとも共有し、プロポーズを計画しているんだそうです。

特に結婚相談所で出会ったお二人は、知り合って日が浅いので、理想のプロポーズは、なかなか相手には直接伝えにくいものですが、これも結婚相談所ならではの特別なシステムだと思って、カウンセラーさんに思い切って相談してみましょう!

プロポーズが成功したら「婚約」、そして晴れて「ご成婚」となります。

その後は、親御様への挨拶や両家顔合わせがあるのですが、こちらは以前にもコラムで詳しく紹介しているので、続けて読んでみてください。

参照:
第9話「プロポーズ後の親への結婚挨拶ってどんな感じ?」 
第10話「両家顔合わせってどんな感じ?」 

ということで、プレ交際から真剣交際、ご成婚までの流れを教えてもらいました。 

最後に成婚者になった方の共通点を教えていただきました。 
それは、

「あきらめずに丁寧に活動できる人」 
「さまざまな出来事に感謝できる人」 


だそうです。

めぐみさんは、会員の方の婚約が決まり、退会直前で行う面談の時、入会した頃から、お二人の出会いとなったお見合いの申込み(申し受け)、婚約までに至るこの数か月の出来事をいろいろと思い出し、いつも胸が熱くなってしまうそうです。 ^^

最初はあまり好印象ではなかった相手とデートを重ねるごとに気持ちが高まっていった方や、真剣交際に入ってからマリッジブルーになり気持ちが揺れながらも真剣に向き合い結婚を決めた方・・などなど、皆さんそれぞれにドラマがあるそうです。

中でも、最後の面談で「恵婚さんで活動できてよかった! 浜畑さんに出会えてよかった。ありがとうございました。」という言葉をかけていただいた時は、「この仕事に携われてよかった!」と心から思うそうで、まさに結婚相談所カウンセラー冥利につきる瞬間だとか。

人の幸せな瞬間に立ち会えることって、本当に幸せなことですよね〜!

めぐみさんの成婚に対する熱い想いが、今回は印象的でした。^^

 

 

次回 「成婚者様の事例」 

次回は、今年の夏に実際に「恵婚」さんでご成婚された女性会員さんについて、詳しくお聞きしたいと思います! 

結婚相談所「恵婚」さんでは、初回無料相談を行っています。

無料相談では自分の現状分析を行い、結婚観を再認識して婚活を進めていくと、より理想の結婚へと近づくので、結婚を考えている方やこれから婚活を始める方は、ぜひ受けに行ってみてください。

恵婚の初回無料相談は電話、またはメールフォームからお申し込みいただけます。
相談は完全予約制です。
ご都合のよい時間を選んで、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

↓ 初回無料相談のご予約
https://megukon.co.jp/form/megukon_reserve/

○結婚相談所「恵婚」☆初回無料相談実施中☆ 
恵婚は「女性専用の結婚相談所」です。 
真剣にパートナーを探している女性の婚活を、女性ならではのきめ細やかサポートで応援します。
栃木県宇都宮市大通り5-2-8 アサノ大通り第一ビル6階 
https://megukon.co.jp/

○ひばらさん プロフィール
栃木県在住のデザイナー兼イラストレーター。
おでかけが大好きで、アメブロで栃木県内をあちこち探訪し紹介する「ひばらさんの栃木探訪」というブログを随時更新中。
https://hibarasan.com/ 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません