初回無料相談のご予約 ご成婚者様の声 めぐこんブログ 会社の福利厚生に セミナー&パーティー
 
登録会員数No.1

当社は、登録会員数No.1の日本結婚相談所連盟(※)の加盟相談所です。
(※2019年1月 日本マーケティング機構調べ)

新着情報

2021.06.01

第9話 「プロポーズ後の親への結婚挨拶ってどんな感じ?」

ひばらさん結婚相談所に行く

どうもこんにちは、ひばらです。 
前回、前々回は「お見合いからプロポーズまでの流れ」を詳しく解説してみましたが、参考になりましたでしょうか? 

せっかくならと、今回は「プロポーズ後の親への結婚報告の挨拶」についてまで、詳しく教えていただきました。 
「プロポーズ」より、「親への結婚挨拶」のが緊張する人も多いかもしれませんね。 

これから結婚相談所を考えている方ならもちろん、恋愛中の方でプロポーズして結婚することは決めたけど、「その後の流れがよく分からない・・」方や「親への結婚報告の挨拶ってどうやったらいいの?」とお悩み中のカップルにも、今回はすごく参考になるコラムなので、ぜひ読んでみてください! 


結婚が決まったらまずは自分の親に! 

プロポーズの後には、入籍前に2人揃ってお互いの親へ結婚の報告をしに行くのが一般的です。 

結婚は二人だけのものではないので、親への報告をおろそかにしないようにしましょう。 
(※やむをえない家庭の事情があったり、コロナ禍という昨今の情勢で、直接報告しに行けない場合などは、テレビ電話などを活用する場合もあるそうです。) 

ちなみに、親に内緒で結婚相談所に入会した会員さんなどは、どうするんでしょう? 

「どのタイミングで報告する(しない)のか?」という素朴なギモンがあったので、恵婚さんに質問してみると、「親に内緒で入会される方も、半数くらいいらっしゃいますが、親御さんへの挨拶の際には、『結婚相談所に入会して、いい相手が見つかった』と正直に打ち明けれる方が大半です」とのこと。 

やはり、内緒にしながら活動している方も、大半は打ち明けられるんですね〜。 

特に会員さんと親御さんが同居されているご家庭などは、毎週末のようにキレイな格好をして外出していくお子さんの姿を見て、何となく「婚活しているんだろうな・・」と親御さんが気づいているケースが多いようです。^^; 

それでも、中にはどうしても言えないという方や隠したいと思われる方もいらっしゃるので、その場合は「知人からの紹介」と親に報告されています。 
 
最近では、婚活アプリの利用者が増え、そこでさらに真剣に婚活をしたいという方が結婚相談所に来るというケースが多くなってきました。 

恵婚が加盟するIBJの会員さんも2021年4月に7万人を突破し、ひと昔前は婚活は『よそ様に隠したい秘め事』でしたが、現在では結婚相談所での活動もオープンになりつつあります」とのことでした。 

ネットやアプリの普及に伴い、結婚相談所の敷居もだいぶカジュアルになってきているんですね。 

実際に結婚報告の際の事前準備について、具体的に伺いました。 

結婚報告の際の事前準備

 

その1 結婚相手の「基本情報」を言えるようにしておく 
まずは結婚相手の「基本情報」をしっかり伝えられるようにしておくこと。 
基本情報とは「名前」、「年齢」、「職業(就職先)」、「出身地」、「家族構成」、「趣味」などです。 
初対面となる親御さん側も、「子どもの結婚相手はどんな人なのだろう?」と不安がつきもの。 
お互いがどんな人なのかを紹介できるよう、ひととおり答えられるようにしておきましょう。 


その2 お互いの親に挨拶に行く日程を決める 
次に、結婚の挨拶に行く日取りを決めます。 
この際に、「交際の報告」なのか、「結婚の挨拶」なのかを明確にすることが大事です。 
当日、突然の結婚報告で、親御さんを驚かせることのないようにしましょう。 

挨拶は、だいたい1ヵ月前から2週間前くらいに事前に親に連絡し、日程を決めるのがベター。

わざわざ時間を作ってもらうので、なるべく親の都合を優先しましょう。 

昔から「男性側に嫁ぐ(お嫁にもらう)」という考え方があるので、まずは女性の親に結婚の挨拶をするのが一般的です。女性の親に結婚の承諾をもらってから、男性の親に家族になる挨拶をしに行きましょう。 

時間は食事時は避け、お昼の片づけが終わった14時くらいがおススメです。 
お日柄を気にする場合は、「大安」の日を選びましょう。 


その3 挨拶に行く前に、お互いに自分の親や家族の情報を結婚相手に伝える 
これも親への挨拶前に共有しておきたい大切なこと! 
お互いに自分の親や家族の情報を、結婚相手に事前に伝えておきましょう。 

以前お見合いした時に、お互いの家族構成などもひととおり目を通しているはずですが、もう一度ここでチェック。「名前」や「職業(退職している場合は以前の仕事・職歴など)」、「出身地」、「性格」、「お酒・たばこの有無」、「食べ物の好き・嫌い」、「趣味」、「ペットの有無」など細かな情報を、もう一度確認しておきましょう。 

当日になって、まったくしゃべらないお父様に会った時、事前に「人見知りだ」とか「寡黙」 などの性格を結婚相手から聞いていると、お父様の態度に不安にならずにいられますよね。 

さらに、「政治」や「宗教」など、避けた方がいい話題も、共通認識として事前に把握しておきましょう。 


その4 当日の会話のイメージトレーニング 
結婚の挨拶は、どうしても緊張がつきもの。 
会話に困ったら、「子どもの頃の話をする(相手が子どもだった頃の話を聞いてみる)」などの話題がオススメ。アガってしまうことを前提に、自己紹介や話そうと思っている子どもの頃のエピソードを準備しておきましょう。 

また、親から結婚式の話や「どこに住むの?」などの質問をされることもあるので、もしまだ決まっていないことを聞かれても否定せずに、「具体的には決まっていませんが、ちょうど話し合っているところなんです」などと、親御さんが安心するような返答をしましょう。 

くれぐれも「今後のことは、まだ何も決めていません!」という返事はNG!  

まだ決まっていないことがあれば、事前に2人で話し合い、考えをまとめておきましょう。 

参考に、結婚報告時に親によく聞かれることを教えていただきました。 
・結婚後の仕事はどうする?(特に女性は退社するのか、仕事を続けるかなど) 
・結婚式のこと(場所・時期・規模) 
・婚姻届の時期 
・住居のこと など 


その5 手土産について 
結婚の挨拶には必ず手土産を持参で伺いましょう。 
「甘党」や「病気・アレルギーで食べてはいけない物がある」など、事前に相手の親御さんの好みをリサーチし、当日にバタバタと間に合わせのものを買うことがないように、あらかじめ地元のお菓子や名産・銘菓などを購入しておくことがオススメだそうです。 


その6 服装について 
男性、女性とも、なにより清潔感が大事です。 

衣装について


 

男性は、清潔感のあるヘアスタイル、ヒゲや爪はキレイに整え、 
服装はスーツにネクタイ、靴下は新品で、靴はピカピカに磨いていきましょう。 

女性は、ワンピースや膝下のフレアスカートなど、座りやすく清楚な服装で、ストッキングは新品のものを履きましょう。 

派手な化粧やネイル、香水、高過ぎるヒールやブーツ、素足はNG。 
玄関でもたつかないように、脱ぎ履きしやすいパンプスなどが無難です。 

また、男性のお母様を意識して、露出の多い服装、大ぶりなロゴの付いたブランド品のバッグや、アクセサリーなどを付けるのは控えめにするのがベター・・とのことです。 

この辺は、なんだか会社の面接対策とも通ずる部分もありますね〜。^^; 


 

結婚報告の挨拶は「笑顔を忘れずに!」

 

さあ、とうとう当日の結婚の報告挨拶の日。 
恵婚さんでは必ず、「笑顔を忘れないこと!」と一言アドバイスしているそうです。 

これから子どもの“人生のハレの報告” を受ける親御さんです。 
こんな日には、「自分は幸せなんだ」と思わせる笑顔を見せてあげたいですもんね。 

緊張してても、恥ずかしくてもかまいません、是非この日はお2人とも「笑顔」で! 

そして報告当日の流れも、事細かに教えていただきました。 

①玄関前 
遅刻は厳禁。早く着いてもインターホンを鳴らすのは5分前にしましょう。 
挨拶前には携帯の電源を切っておき、コートや上着は外で脱いでおきましょう。 

②玄関先 
「本日はお忙しいなかお時間を作っていただき、ありがとうございます」など簡単な挨拶を言い、お宅に上がります。 
「おじゃまいたします」や「失礼いたします」などの一言をそえて、玄関では脱いだ靴を揃えましょう。 

③客間 
客間に通されたら、部屋の「下座」に座りましょう。 

下座について
下座とはここ↑のことです。 

マナーとして「席次」は、目上の方への敬意やもてなしの意味が込められている大切なマナーの1つです。 
立ち位置の並び順を正しく理解して、望むようにしましょう。 

もし上座をすすめられたら「挨拶に伺ったので、こちらの席で結構です」と一度は断り、それでも上座にと言われたら「ありがとうございます」とお礼を言ってから座りましょう。 

お茶出しなどが終わり、親御さんが揃ったところでご挨拶をします。 
紙袋から手土産を出し、品物の正面を親に向けて「お好きだと伺ったので・・」「地元で有名なお菓子です。お口に合えば良いのですが・・」と一言そえながら渡しましょう。 

よく、「つまらないもの」とか「大したものではありませんが」という品物の渡し方も聞きますが、このワードはNGだそうです。心を込めて手土産を渡してあげてください。 

会話が始まると、注意したいのが「相手の親の呼び方」。 
まだ結婚をしていないので、「○○さんのお父さん(さま)、○○さんのお母さん(さま)」などが無難です。 

また、結婚相手のことは、たとえ普段、呼び捨てやニックネームで呼んでいても、挨拶の時は○○“さん”と呼びましょう。初対面の相手に自分の子供が馴れ馴れしく呼ばれているのを目にするのは、親御さんにとってはあまり気分の良いものではありません。 

④ひと段落したら本題へ 
座り直したり、姿勢を正すなどお互いに合図を決めておき、いよいよ本題へ。 
「本日お伺いしましたのは・・・結婚のお許しをいただきたくお時間を頂戴しました」
「○○さんとの結婚をお許しいただけますでしょうか」 
などと挨拶した後、女性は、男性の言葉の後に続けて「よろしくお願いします」とそえましょう。 

テレビドラマなどとは違うので、ここで「娘さんをください!」などのセリフはNGだそうです・・^^; 

⑤帰り 
結婚報告の挨拶は、長居せず、タイミングを見て「そろそろ失礼いたします」と切り出しましょう。 
コートや上着を羽織るのは、玄関を出てから。 
自宅に帰ったら、無事に帰宅したことと、今日のお礼を伝える手書きの御礼状を出すと、さらに良いそうです。 


 ・・・と、以上が、事前準備と当日ご挨拶の流れでした。 

だいぶこまかな流れになってしまいましたが、参考になったでしょうか? 
この後は、両家の顔合わせ食事会や結納という流れになります。 

ちなみにワタクシ・ひばらは、結婚報告の挨拶は・・上記のような段取りと比べてしまうと、グダグダなものでした。^^; 

なんとな〜くお互いの家に「結婚するよ」と報告に行って、きちんとお互いが正装したのは次の「家の顔合わせ食事会」になってからだったと思います。 

今考えると、だいぶラフな結婚報告をしていたかも・・と、今回のお話を聞いて反省しました・・^^; 




次回 「両家顔合わせってどんな感じ?」

次回は、今回のコラム「結婚挨拶」の次の流れで「両家顔合わせ」について聞いてみました。 
結婚に向けて着々と段取りを教えてもらって、より具体的な結婚へのイメージを参考にしていただければ〜と思っております。^^

結婚相談所「恵婚」さんでは、初回無料相談を行っています。


無料相談では自分の現状分析を行い、結婚観を再認識して婚活を進めていくと、より理想の結婚へと近づくので、結婚を考えている方やこれから婚活を始める方は、ぜひ受けに行ってみてください。

恵婚の初回無料相談は電話、またはメールフォームからお申し込みいただけます。 相談は完全予約制です。 ご都合のよい時間を選んで、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。

↓ 初回無料相談のご予約
https://megukon.co.jp/form/megukon_reserve/

 

○結婚相談所「恵婚」☆初回無料相談実施中☆ 
栃木県宇都宮市大通り5-2-8 アサノ大通り第一ビル6階 
https://megukon.co.jp/ 

 
○ひばらさん プロフィール 
栃木県在住のデザイナー兼イラストレーター。おでかけが大好きで、アメブロで栃木県内をあちこち探訪し紹介する「ひばらさんの栃木探訪」というブログを随時更新中。 
https://hibarasan.com/ 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して当社は一切の責任を負いません