初回無料相談のご予約 めぐみ社長ブログ 会社の福利厚生に いつでも恵婚 JOYINアプリ セミナー&パーティー
 

利用規約・著作権・免責事項 RULES

利用規約

1.目的
IBJシステムは、「結婚パートナーを探す男女のプロフィール情報を蓄積・整理し、会員が高い利便性に基づいて会員検索とアプローチを行い、一方で結婚相談室が適切な情報管理と顧客対応を行うことで、一組でも多くの成婚を創出すること」を目的として作られたシステムです。

2.ID及びパスワード
会員は、ID及びパスワードを厳正に管理し、決して第三者に知られてはならないものとします。
会員はIBJシステムの不正利用を防ぐため、パスワードを少なくとも月1回変更するものとします。
会員は、自らのID及びパスワードが利用されてなされた行為につき、自らの行為として全責任を負うものとします。

3.加盟相談所の会員プロフィール情報の利用
会員は、他の会員プロフィール情報を、IBJシステム上で閲覧する以外に利用してはなりません。
会員は、他の会員プロフィール情報の全部又は一部を複製してはなりません。
会員は、他の会員プロフィール情報の全部又は一部について所属相談所を除く第三者に閲覧させることをしてはなりません。

4.お見合い
会員は、IBJシステムを利用して、お見合いを申し込むことができます。会員は、他の会員からお見合いを申し込まれたときは、1週間以内を目安に諾否を回答するものとします。

5.反社会的勢力の排除
暴力団等の反社会的勢力の関係者、又は法令違反あるいは公序良俗違反行為等反社会的活動の事実のある方は利用できません。

6.利用環境
IBJシステムを利用するために、インターネットに接続できる環境を整備するものとします。当社の推奨する環境は次のとおりです。

● パソコンの推奨環境
[ブラウザ] Chrome(最新バージョン)・FireFox(最新バージョン)・Internet Explor(バー
ジョン8 以降)

● iPhone/スマートフォンの推奨環境
[バージョン] iOS Version 6.1.3 以降/ Android Version 2.2.1 以降
[ブラウザ] iPhone:Safari / Android:ブラウザ
 

著作権

当社のホームページ上の文書(商品画像情報等含む)に関する著作権は、特別の記載がない限り、すべて当社ならびにサイト制作会社に帰属します。
本ホームページをご利用いただく際には、非営利目的およびお客様内部の使用に限り、これらの文書を複製することができます。
文書に当社の著作権が表示がされている場合は、当該著作権を表示を付したまま複製していただくことが必要です。営利目的による複製、あるいは翻訳、有線送信等、上記以外の著作権法上の利用はできませんので、ご注意ください。
 

免責事項

当社は、当社が運営/管理するWebサイト(以下、「本サイト」といいます)の運営にあたり、下記の各条項に定める事項については、免責されるものとします。
本サイトをご利用のお客様(以下、単に「お客様」といいます)は、本免責事項の内容をご承諾頂いたものと見なしますので、ご了承ください。

● 第一条
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。当社は本サイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。
また、本サイトを装ったWebサイトによって生じた損害にも責任を負いかねます。本サイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。

● 第二条
当社は、本サイトにおける各種サービスまたは各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、その他本サイトに関連して発生したお客様または第三者の損害について、一切の責任を負わないものとします。情報の閲覧やサービスの提供を受けるにあたっては、法令上の義務に従った上、お客様ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

● 第三条
当社は、本サイトからリンクしている他のWebサイトに含まれている情報、サービス等については、一切関知しておらず、一切の責任を負わないものとします。リンク先のWebサイトは、そのWebサイトが掲げる条件に従い、お客様ご自身の責任においてご利用下さい。

当社は、お客様の便宜のためにこれらのWebサイトへのリンクを提供しているにすぎず、これらのWebサイトの利用や掲載商品、サービス等を推奨するものではありません。また、これらのリンクは、当社とリンク先のWebサイトを管理・運営する法人・個人との間に、必ずしも提携・協力等の特別な関係があることを意味するものではありません。
また、当社は、以下に掲げる場合、IBJシステム又は付随するサービスの停止について責任を負いません。

・何らかの原因による電力供給の不足があった場合
・通信事業者の責に帰すべき通信の不具合が生じた場合
・天災、地変、戦争、暴動その他不可抗力による場合
・悪意ある第三者による不正なプログラム等が侵入した場合